ソワン 使い方

ソワンは使い方次第で効果半減?!正しい使い方でふっくら毛穴を手に入れよう

ソワンはエイジングケアも毛穴ケアもできる化粧水として話題です。

 

ですがその効果をしっかり感じるためには、正しい使い方を知る必要があります。
ソワンの正しい使い方、正しく使った場合の効果についてまとめました。

 

ソワンの効果が感じられなかった、という方は大抵ソワンを正しく使うことができていません。
ここでその例を取り上げましょう。

 

 

口コミ@
「1ヶ月使ったけど、イマイチ毛穴が小さくなっている効果は感じられませんでした。
改めてネットの情報を見てみると、コットンパックをしたら効果が感じられた、との口コミが多かったです。
私はコットンパックなしで、しかももったいないのでちょっとずつ使ってました。
だから効果がわからなかったのかな?
コットンパックをしながらもう1ヶ月試してみます。」

 

コットンパックをすることは、ソワンを使う上で重要なポイントです。
コットンパックのやり方をおさらいしておきましょう。

 

 

@洗顔の後、ソワンを5プッシュ程度お肌に馴染ませる。
Aコットンパック用のコットンに、精製水を染みこませる。
(水道水には不純物が含まれている可能性があります。ドラッグストアで1000円以下で売っているので、ぜひ精製水を使いましょう。)
Bコットンにソワンを5プッシュ程度馴染ませる。
Cコットンを裂き、お肌に載せる。
D5分程度置き、はがす。お肌に残ったソワンをマッサージしながら馴染ませる。
E乳液等でフタをする。

 

 

コットンパックする際には、お肌に載せたまま長時間放置しないようにしましょう。
10分以上放置すると逆にお肌の水分が蒸発してしまいます。

 

 

小鼻など毛穴の気になる部分にのみコットンパックを行っている方が多いです。
ですがお顔全体にコットンパックをするなら、肌全体が引き締まった感覚が得られることでしょう。

 

 

 

口コミA
「少し肌が柔らかくなった気がするけど、まだ毛穴の開きは治りません。
今までは朝のみ使っていましたが、思い切って朝晩二回使ってみようと思います。」

 

ソワンは必ず朝晩二回の使用が必要です。
二回使うことで皮脂量のバランスも整い、肌質がより改善されます。

 

さらにもうひとつ重要なポイントとして、洗顔のすぐ後にソワンを使う必要があります。
化粧水や乳液の前です。
こうすることで素肌にソワンがじっくり染みこみ、毛穴の奥までうるおい成分を届けることができます。

 

これらのポイントを守るならば、ソワンの最大の効果を実感できるでしょう。
せっかく使うなら、これを期に毛穴のお悩みとサヨナラする気持ちで使いましょう!
さらに正しい使い方を知りたい方は、公式ホームページでもチェックしてくださいね。

 

 

 

 

ソワンの公式使用方法はこちらから→

 

関連ページ

ソワンを使うと他人との距離も怖くない
ソワン毛穴ケア専用美容液の評判は! 体験談から毛穴が閉じた、効果なしなど賛否両論の口コミ・感想をまとめてみた!